大手消費者金融と中小消費者金融って何が違うの?

消費者金融は、大きく分けると2つのタイプに分かれます。知名度のある大手消費者金融と、地域密着型の中小消費者金融です。

一番の違いは、ターゲットとしている顧客層とサービス形態にあります。まず大手消費者金融の場合、はじめて金融機関からお金を借りる人をターゲットとしており、大手ならではのきめ細かなサービスが魅力です。

一方、中小消費者金融の場合、すでに複数社から借入をしている人をターゲットとしています。サービス内容は、大手と似たような内容ではあるものの、申込み・借入・返済に手間が掛ったり、審査基準がやや緩いケースがほとんどです。

次項より、大手消費者金融と中小企業消費者金融の違いを、より詳しく比較していくことにしましょう。

大手と中小消費者金融の金利について

まずは、大手消費者金融のアコム・プロミス・アイフル・SMBCモビット・ノーローンの金利をご覧ください。

大手消費者金融 年金利
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
ノーローン 4.9~18.0%

消費者金融の場合、下限金利で比較する必要はありません。なぜなら、下限金利が適用されることは極めて稀だからです。

消費者金融では総量規制と呼ばれる法律を遵守しており、年収の1/3を超える借入が法律で禁止されています。

たとえばアコムの場合、下限金利が適用される融資額は800万円ですが、800万円を借りるためには最低2,400万円もの年収が必要です。

以上の理由から、金利を比較する際は、上限金利で比較するのが一般的となっています。

なお、大手消費者金融の上限金利を比較したところ、プロミスがやや低くなっているものの、他の4社は同じ結果となりました。

中小消費者金融 年金利
ダイレクトワン 4.9~20.0%
セントラル 4.8~18.0%
フクホー 7.3~18.0%
フタバ 14.959~17.950%
アロー 15.0~19.94%
ライフティ 8.0~20.0%
いつも 7.0~18.0%
キャレント 7.8~18.0%
ハローハッピー 10.0~18.0v
スカイオフィス 15.0~20.0%

代表的な中小消費者金融の金利は、上記の表の通りです。大手消費者金融と同じか、やや高めの上限金利であることが分かります。

つまり、最終的に支払うことになる総利息額は、大手も中小規模もほとんど差はないといえそうです。

中小の消費者金融30社を一覧で紹介

次に、中小の消費者金融でも知名度が多少ある、上位30社を紹介します。

とはいえ、ただ30社を並べても意味がないので、即日融資への対応で、3つのグループに分けて紹介します。


ネットでの即日融資に対応する消費者金融(9社)

金利(年率) 借入限度額 申し込み・契約方法
セントラル 4.8%~18% 300万円 ネット/来店
ビアイジ 12.0~18.0% 200万円 ネット/来店
スカイオフィス 15.0~20.0% 50万円 ネット/来店
キャレント 7.8~18.0% 500万円 ネット
AZ株式会社 7.0~18.0% 300万円 ネット/来店
プログレス 15.0~20.0% 50万円 ネット/来店
スピリッツキャッシング 15.0%~20.0% 300万円(通常は50万円) ネット/来店
ニチデン 7.3~17.52% 50万円 ネット/来店
キャッシングエニー 15.0~20.0% 200万円 ネット/来店・平日のみ

来店などの即日融資に対応する消費者金融(7社)

金利(年率) 借入限度額 契約方法
田中商事 15.0~20.0% 50万円 電話(北千住)
アルク 10.0~18.0% 50万円 来店(大阪・1店)
キャッシング スペース 8.0~18.0% 500万円 可能(大阪・1店)
キャネット 15.0~20.0% 300万円(初回は50万円) 来店(札幌中心に8店)
ハローハッピー 10.0~18.0% 50万円 来店(大阪・1店)
ダイレクトワン 4.9%~20.0% 300万円 来店(静岡中心に15店)
フクホー 7.3%~18.0% 200万円 来店(大阪・1店)

即日融資ができない消費者金融(14社)

金利(年率) 借入限度額 契約方法
中央リテール 10.95~13.0% 500万円(おまとめローンのみ) 契約時に来店必須
アロー 15.0%~19.94% 200万円 来店不要(ネットかFAX)
ベルーナノーティス 4.5%~18.0% 300万円 来店不要(ネットか電話)
キャッシングのフタバ 14.959~17.950% 50万円 来店不要(ネットか電話)
アルコシステム 15.0%~20.0% 300万円 来店不要(ネット)
ユニーファイナンス 12.00%~17.95% 300万円 来店不要(ネットか電話)
ライオンズリース 15.0~20.0% 300万円 来店不要(ネットか電話)
ライフティ 8.0%~20.0% 500万円 来店不要(ネットか電話)
エイワ 17.9507-19.9436% 50万円 契約に来店が必須
しんわ 7.0~18.0% 300万円 来店不要(ネットか電話)
アイアム 18.00% 50万円 来店不要(ネットか電話)
ケンファイナンス 7.0~20.0% 300万円 店頭か郵送で契約
もみじファイナンス 15.0~20.0% 50万円 来店不要(ネット)
ユニズム(ナショナル商事) 15.0~20.0% 100万円 来店不要(ネットか電話)

上の表から分かる通り、中小の消費者金融でも、金利や借り入れ限度額は大手と較べて大きく違いません。

審査 :大手消費者金融がスムーズだが、中小のほうが通りやすい

大手企業は培ってきたノウハウを生かして最短30分で審査することが可能です。その結果、午前中に申し込みを行うことで即日振込ができる場合もあります。一方で、中小企業の場合は、一部の企業は即日融資に対応しているものの、来店必須であったり必要書類が多かったりなど、審査に手間と時間が掛かる傾向があります。

大手企業と中小企業では審査基準が異なるため、大企業の審査に落ちてしまった場合でも、中小企業の審査に通る可能性があります。

むしろ中小消費者金融は大手消費者金融の審査落ちした人の受け皿でもありますので、ここ最近で長期遅延がある、債務整理をしたなどの信用事故がない限り、中小消費者金融はその他属性に問題があっても少額の限度額から融資してくれる可能性があります。
その他のサービスや金利面では中小よりも大手消費者金融の方が優れている点が多いため、この審査の通りやすさが中小の最大のメリットと言っても良いかもしれませんね。

限度額:最高限度額はカードローン会社選びの基準になりにくい

大手企業の方が最高限度額は大きい傾向にあります。しかしながら、利用限度額の大きさはカードローン会社を選ぶときに重要ではありません。

最高限度額
プロミス 500万円
アコム 800万円
ダイレクトワン 300万円
フクホー 200万円

大企業であるプロミスとアコム、そして中小企業であるダイレクトワンとフクホーという企業を例としてあげています。比べてみると、大企業の方が最高限度額は高く、この金額を確認しただけで、申し込み先を選ぶとするなら大企業の方がよいと決めつけてしまいそうになります。

しかし、最高限度額が高い方が絶対的に有利なのかというとそうではありません。一見、中小企業のダイレクトワンとフクホーは最高限度額が少なく使いづらいという印象を受けます。しかしながら、実際には上限金額まで利用できる人は限られています。なぜなら、消費者金融では総量規制のため、年収の3分の1以上の借り入れを行う頃はできないからです。

借入初心者は大手を選ぼう

プロミスやアコム、SMBCモビットは、銀行グループに属している消費者金融で、知名度も高く信頼性という面で評価できます。しかし、かといって中小企業には信頼性がないかというとそうではありません。

貸金業を行うには、貸金業規制法が存在するために公的な機関に登録が必要です。中小企業においてもその条件は同じで、ダイレクトワンやライフティ、フクホーは貸金業の登録をしている会社です。公的な機関である財務局や都道府県に貸金業の登録を行なっていることからも、一定の信頼性はあると言ってよいでしょう。貸金業法の登録を行なっていない会社は、闇金 の可能性があるため気をつける必要があります。

闇金か合法的な業者かを見分けるには、その企業が日本貸金業協会に登録しているかどうか見ればわかります。
正規の貸金業者は日本貸金業協会に登録して、登録されているか否かは企業ホームページの下の方に「日本貸金業協会会員 第××××××号」と明記されています。

もちろん、本当は登録していないのに偽って登録したことにしている可能性もありますので、「聞き覚えのない業者だな」「あやしい業者だな」と思ったら、日本貸金業協会の公式ホームページで確認できますので、必ず調べてから申し込みをしましょう。

お金借りるなら即日で安心のキャッシング会社一覧[徹底比較]