銀行カードローンのメリットとは

銀行カードローンにも良い点はいくつもあります。主に消費者金融と比べた時の銀行カードローンのメリットをいくつか紹介しましょう。

金利は低いほうが返しやすい【銀行カードローン】

銀行カードローンと消費者金融と比べてみると、上限金利の差は明らかです。

種類 カードローン 上限金利
銀行 みずほ銀行カードローン 年14.0%※
銀行 三井住友銀行カードローン 年14.5%
消費者金融 アコム 年18.0%
消費者金融 アイフル 年18.0%
消費者金融 プロミス 年17.8%

※住宅ローンの利用で年0.5%引き下げがあり、適用後の金利は年1.5~13.5%です。

金利が低ければ、それだけ毎月の返済が楽になります。長期間に渡って返済を続ければ続けるほど、返済総額に大きな差がつくでしょう。

カードローンを利用する人は「いくら借りられるか」だけにこだわり、あまり金利を気にしない傾向にあるようです。しかし高すぎる金利は返済利息が膨らみ、必ず生活を圧迫してしまいます。
銀行カードローンであれば、無理をせず返済し続けることができるでしょう。

銀行カードローンはATM利用手数料もお得

銀行カードローンは、ゆうちょ銀行やコンビニなど提携ATMの利用手数料を無料にしているものが多くあります。

カードローン ゆうちょ セブンイレブン ローソン イーネット
三井住友銀行カードローン 無料 無料 無料 無料
オリックス銀行カードローン 無料 無料 無料 無料

※イーネットATMはファミリーマート、サンクス、セイコーマートなど

それに対して消費者金融では、コンビニのATM利用手数料が無料のものはありません。
頻繁に借り入れ、返済を繰り返すようなケースでは、毎月のATM利用手数料もそれなりの額になってしまうでしょう。
ATM利用手数料なら銀行カードローンが圧倒的にお得です。

銀行カードローンに向いている人、向いていない人

どのような人が銀行カードローンに向いていて、逆にどんな人は銀行カードローンを使うべきではないのでしょうか?

銀行カードローンに向いている人

  • 返済利息を抑えて、返済を楽にしたい人
    金利の低さは、消費者金融に対する銀行カードローンの最大のメリットです。
    もし長期間に渡って返済する事が予想される場合は、なるべく金利の低い銀行カードローンを選びましょう。
  • ATM利用手数料を抑えたい人
    コンビニで頻繁に借り入れや返済をする人は、ATM利用手数料が無料の銀行カードローンが向いています。
  • 住宅ローンを利用している人
    同一銀行の住宅ローンを利用していれば、カードローンの金利を割引してくれる場合があります。
    大手銀行ではほぼ実施しているサービスなので、すでに住宅ローンを利用してる人は銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンに向いていない人

  • 即日融資を受けたい人
    「今日中にキャッシングしたい!」という人には銀行カードローンは全く向いていません。
    審査が通るのは最短でも翌日以降です。
    たとえ午前中に申し込んでも、その日のうちには審査には通りません。
  • 一定期間の無利息キャッシングサービスを受けたい人
    大手の消費者金融では「30日間無利息キャッシング」といったサービスが一般的です。
    銀行カードローンは無利息キャッシングサービスを行っていません。
  • 年収があまり高くない人
    2017年より前であれば、審査基準は消費者金融と比べてそこまで劇的な差はありませんでした。
    しかし現在は金融庁の指導もあり、低年収の人に対しての審査は厳しくなっていることが予想されます。

これらの条件に当てはまってしまった人は、銀行カードローンではなく消費者金融の方が向いているでしょう。

銀行カードローンが各方面から批判されている理由は何?

実は以前より、行政や国会などの各方面から批判を浴びている銀行カードローン。その理由と、今回の「即日審査取りやめ」に至る過程を解説していきます。

銀行カードローンの「貸しすぎ」は以前から問題視されていた

アコムやプロミスといった消費者金融会社(いわゆるサラ金)やオリコなどの信販会社(クレジットカード会社)は貸金業法という法律に縛られています。

この貸金業法で最も有名なのが「総量規制」に関する項目。内容は「契約者の年収の3分の1を超えるお金を貸し付けてはならない」というもので、この制限は貸金業者(消費者金融、信販会社)全体に適用されます。

つまり、年収300万円の人がアコムで50万円、プロミスで50万円を借りていたら、貸金業者から追加融資を受けることはできないわけですね。

2017年現在、銀行カードローンの平均上限金利は14.5%程度。消費者金融の18%に比べると、言うまでもなく低金利です。
その上「総量規制の対象外で、大きなお金を借りやすい」さらに「融資スピードも速い」となると、消費者金融ではなく銀行カードローンを使わない理由はほぼありません。実際、銀行での借入残高合計は2017年には消費者金融の2倍以上となっていました。

もともと、「総量規制」が整備されたのも消費者金融業界の「貸しすぎ」が問題となり、自己破産などに陥る人が増えたから。現在では同じように、銀行が「お金を貸しすぎるせいで返済不能に陥る人が増えているんじゃないのか」といった理由で批判を受けているわけですね。

大口融資の自粛は都市銀行を中心に、今後も続きそう

何度も報じられては消えていく、「銀行カードローン版 <総量規制>」の案。行政や金融庁の現状の方針は「各銀行の自主規制に期待する」といった形のようで、今すぐに「貸しすぎ」を制御する法律は作られそうにありませんが……。

銀行業界に大きな圧力がかけられていること自体は確かなようで、2017年の上半期から、都市銀行をはじめとする多くの銀行が「大口貸付の自粛」を行っています。最も分かりやすいのが「みずほ銀行」の発表例で、2016年まで「年収の2分の1まで」と制定していた貸付額を、「最大でも年収の3分の1まで」という形に一気に引き下げました。

「三井住友銀行」や「三菱UFJ銀行」、その他「福岡銀行」などの大手地方銀行も、それまで「○百万円まで収入証明書不要」としていたところを「50万円を超える申込の場合は、所得証明が必要」と基準を厳格化。

今後は貸付残高を毎月公表する動きもあるようで、銀行の立場に立ってみると積極的な融資はより難しくなることでしょう。とくに批判を浴びやすい都市銀行や大手地方銀行で、大きな金額を借りることは今後ますます難しくなっていきそうです。

一方、少なくとも2017年8月現在、インターネット銀行や新鋭の銀行に大きな圧力は掛かっていないようです。各銀行の足並みには、かなりばらつきがあるようですね。

スピード融資は再び消費者金融の専売特許へ

各新聞社が報じたところによると、警視庁のデータベースへ照合を行うことで審査に数日以上の時間が必要になるとのこと。なぜ機械的な照合にそこまで時間が掛かるのかは不明ですが、少なくとも現在のように銀行カードローンが「最短30分」といったスピード審査を行うことは難しくなるでしょう。

となると、2018年以降に即日融資を受けるためには、プロミスやアコムといった消費者金融会社を選ぶことはほぼ必須になりそう。
貸金業法の改正前(総量規制の制定前)と同じく、スピード融資は再び消費者金融会社の専売特許となるわけですね。

基本的には「早く借りたいなら消費者金融」「低金利で借りたいなら銀行」といった棲み分けが、より明確となることでしょう。

お金借りるなら即日で安心のキャッシング会社一覧[徹底比較]